みずほ銀行カードローンを利用するならコンビニATMが圧倒的に便利

大手都市銀行、みずほ銀行のカードローン。保証会社もオリエントコーポレーションなので信頼度は抜群。

みずほ銀行は、契約すれば、「みずほダイレクト」というネットバンキングも利用できるので、当然カードローンもパソコンや、スマートフォンからでも簡単にカードローンの利用ができる。しかし、よくよく規約を読んでみると、ATMを利用した方がなにかと便利なようだ。

まず、みずほダイレクトでの取引の場合を見てみよう。借入れの際はパソコン、スマートフォンから申し込める。しかし、平日の0時から15時までしか受け付けてはくれない。携帯電話、固定電話からの、テレホンバンキングの利用については自動音声ガイダンスが月曜日~金曜日は0:10~14:30と、ちょっと中途半端だ。オペレーター対応受付時間は9:00~14:30。さらに、土日祝日、振替休日は、利用ができない。

返済についても、パソコン・スマートフォン・携帯電話・固定電話から返済ができる。カードローンの返済は、24時間利用できるが、月曜日~金曜日の1:00以降および土・日曜日、祝日、振替休日の受け付け分は、翌営業日扱いとなってしまう。そしてやはり、テレホンバンキングについては、利用時間が異なり、平日は24時間大丈夫だが、オペレーター対応だと、平日9:00~21:00、土日祝日、振替休日は9:00~17:00となっている。

一方、コンビニATM利用の場合を見てみよう。みずほカードローンの利用可能なATMは数多くあり、E-netのマークのあるコンビニATM、ローソンATM、セブンATMで利用できる。コンビニ以外にも、スーパーマーケット、生協、ショッピングモール、病院、レジャー施設、飲食店など、多数店舗に設置されている。お金が要りそうな施設はほとんど網羅されていると言ってもいいかもしれない。利用可能時間は、毎週土曜の22時から日曜の朝8時までは休止しているが、それ以外の時間はほとんど24時間利用できる。圧倒的にネットバンキングより営業時間が長いのだ。

みずほ銀行ATMは平日、祝日は24時間だが、土日は22時までと、コンビニATMとみずほATMでは利用時間に若干の違いがある。

利用可能時間においては、ネットバンキングよりも、コンビニATMの方が完全に勝っているが、利用手数料がかかる場合があるので注意したい。キャッシングしてそのまま振込するのなら利用時間を調整して、ネットバンキングを利用するのがいいかもしれない。しかし、すぐに手元に現金が必要であるならば、すぐにコンビニに走った方がいいだろう。

利用状況に合わせて賢くカードローンを利用することをお勧めする。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2014 ※借りやすい!※申し込みやすいキャッシング厳選会社紹介! All Rights Reserved.